CHOCOLATE VIAJAR   エクアドルを旅するチョコ1スパイスとカカオ 2はこちら

 

コタカチの市場で待ち合わせしたルイス=エドゥアルドさんは、三つ編みに黒い鉱山帽が似合う人!先住民の人たちや大きなズタ袋と一緒にトラックの荷台に揺られ、トゥニバンバの彼らの畑へ。


唐辛子は、よく日本でみかけるように空を向いて実をつけずに、大きな重い実を地面に向けてもたげていた。それに、「唐辛子畑」というから、見渡す限り同じものが生えていることを想像していたのだが、少しずつ、あちこちに点々と生えている。


畑には、「少量ずつ多品目のものを植える」「伝統的な作物を植える」「作物の組み合わせを工夫する」という約束があるのだそうだ。
こうして地域の小さな畑で有機栽培される農産物を、いくつかのコミュニティーで共同で加工し、自分たちで食べたり、市場に持って行って販売する。


ルイスさんは、唐辛子をオーブンで焼いたのち粉状にして、パッケージングし始めたばかり。


             

その唐辛子パウダー、黒こしょう、クミンや、ショウガパウダーを鞄に詰め込んで、まだ星の見える午前4時のバスに乗り込む。
市場が開けるほどの種類のスパイスを持っているだけでなく、一つひとつについて相当な説明ができるんだから、私はなんだか行商人みたいだ。


コタカチからキト、キトのターミナルでグアランダ行きに乗り換え、最高峰チンボラソの山麓のサリナス村へ。


赤道直下にありながら起伏に富んだ地形を有するエクアドルは、たぐいまれな自然や文化多様性を有している。そういう自然のありようからインスピレーションを得たのだろうか、古くから、森に様々な作物を混栽させて育てる形の農業が伝統としてある。

それは人々の暮らしを豊かにすると同時に、住んでいる地域の森や川を保全することにもつながっていた。しかし、バスの窓からは大きなパームやしの農園や、バナナ農園、広大な大豆畑が次々と見えるように、近年、土地利用の仕方が変わってきた。

特に首都から遠い地域では、森林を伐採し、切り開いた土地で、農薬を使用した大規模な農業、外国資本のプランテーションが行われるようになった。

そんななか、小農民の有機農産物を選んで購入し、販売力のある商品へと加工するサリナス村の産業は、小農民の暮らしと、彼らが拠ってたつ森を守ることにつながっている。

 

 

 

 


サリナスは標高3550mの土地。着いてそうそう冷たい雨が降り、とてつもなく寒かった。
まずオフィスとチョコレートの工場、毛糸編みの家にも挨拶にいき、明日からの仕事を段どる。3年ぶりに来た地域を散歩。知っている顔との再会を喜ぶ。


毛糸編みの家で緑色のネックウォーマーを一つ買い、チーズと雑穀のスープを食べて、暖炉に当たって、ふとんにくるまって明日の早起きにそなえよう!朝はまだ日が昇る前から早起き。牛乳を運び終えたロバと一緒に石畳を下り、チョコレート工場へ。工場長のホルヘに白衣をもらい、みんなに笑われながらシャンプーみたいなキャップをする。工場のみんなは、スパイスを前に大騒ぎしたが、持ち場につくとプロの顔に戻る。


焼いたカカオで作ったチョコレートペーストを、ミルクと混ぜて液状にする。それを、型に一度流し込んだと思うと、すぐに型を逆さまにして流しだす。そうすると、型のまわりにだけチョコレートが残るので、まずはその部分を固める。それから、ミルクたっぷりのチョコレートや、コーヒー豆などをつめ、最後に上からもう一度チョコレートを流してもう一度待つ。
今回は、チョコレートの中に、唐辛子パウダーを入れる。映画『ショコラ』を観てからずうっと気になっていた唐辛子入りチョコレート。
マヤ文明の人たちは、カカオと唐辛子を煮だしたものを『愛の媚薬』として飲用していたという。分量を慎重に。


胡椒はトンカチでたたいて、細かく砕いたものと、丸い粒をそのまま入れた、2種類をつくってみる。ビターチョコに胡椒のスパイシーな風味が混ざって、これは大人の味。以前バーで食べたチョコレートにヒントを得た。


キヌアは、オーブントースターで焼く。地球が誇る高栄養価の雑穀。南米原産だが、NASAが最初に宇宙に持って行ったことでも知られる。
それから、クミン、いつものインタグコーヒーも。次の日は同じことを、ビターチョコレートではなく、ミルクチョコレートで繰り返した。
全ての行程が、手作業で行われる。そういえば、包みをあけてチョコを食べるとき、それが誰かの手によってつつまれたことなんて、私たちはたいてい思い出さない。



チョコレートがまずまずのできになってきた頃、製造はお任せして、ニット編みの家へ移動。海抜3550メートルだから、息が切れて仕方ない。


とうがらしの形の小袋をニットで作る企画を進める。まずは絵を書いて販売用途を説明し、ディテールについて相談する。毛糸を少しずつ切って(毛糸って手でちぎれるって知らなかった!)糸の色見本を作成しておく。できたところで、一緒にダメ出しをして、値段の取り決めもする。タグ付けの段取りや、年間計画の説明、原材料の手配に関しても聞いておく。

 


 


4日目の夜、チョコレート工場のエリシアが、晩ご飯に招いてくれた。ジャガイモを剥きながら「家に帰ったら今度は家族にごはんを作る仕事が待っているの」と嬉しそう。手伝いはいらないそうなので、お家の奥に入っていくと、キャップをかぶったおじさんが一人、鍋にいっぱいの雑草、黄色と緑に染まった毛糸を前に掃除をしている。


エリシアの甥っ子であるというそのおじさんは、薄汚れたノートを大事そうに開いて見せてくれた。一つ一つのページには、びっしり押し花のように貼ってある草と、色を出すプロセスの説明がかかれていた。胸が高鳴る。よく説明を聞くとやはり、身近にある草木などの自然素材で、毛糸の染色をしているのだという。
ここサリナスでは、主婦が誰でも関われる仕事として、ニット編みのコーポラティブを運営している。毛糸は外部から化学染料で染めた糸を購入している。


観光客や欧米に販売するための商品を作るのには、鮮やかな染色の毛糸を使用した方が喜ばれるからだ。
ふと、考えてみればチョコレートだって、欧米や日本の文化に合わせた商品を作ってもらっているわけだ。どうせ一緒に何かを作るのなら、その村の文化や自然にもっと近いものが作りたい。それに、SWcで既に展開しているサイザル麻の染色リストが、彼らの役に立つかもしれない。

*こうした経緯からSWcは2006年冬より、より現地の文化に近い商品ラインを発表します。

 


チョコレートとニットのケースが完成。日曜日までにできるだけの唐辛子袋とチョコレート、自然染色ニットのマフラーを、サンプル用に宿に送ってもらうことを頼む。

そしてみんなに挨拶したあと、トラックを一台つかまえ、カカオの里を求めてサリナスの山を下りる。目指すは亜熱帯の町、エチャンディア。


トラックを降りバスに乗り換えたいのだが、なかなか来ない。一緒に待っている地元の人たちにチョコレートを試食してもらった。バスの中でも、周りの座席のみんなにふるまった。みんな酔っぱらったように上機嫌で、色々言ってくる。「外国人には良いかもしれないが、ラティーノには少々辛すぎるよ」「あったかくて美味しい!これは売れるね。」何を言われても私が説明するのは同じ、「ショコラって映画知ってる?マヤ文明ではね...」。みんなのテンションがあがって行くのと反対に、窓の外には霧が立ちこめる。高地サリナスがら山を降り、私たちは雲の中に突入したのだ。よく霧のかかる、亜熱帯の森で、カカオは栽培されている。コーヒーはアフリカの原産だが、カカオは南米の原産。元々それらが、山の中にあったように、他の作物と混栽しながら、農薬を使わずに日陰栽培することで、質のよいカカオと生活に必要な作物を一緒に育てることだできる。


「ほら、あれがカカオだよ」バスの中の誰かがそう叫んだ。隣のおじさんが窓の外を指さした。
森の中に、鮮やかな黄色とオレンジと紫色の実が、幹にそのままくっついている。その姿はとても幻想的だ。
樹の高いところに小さな実を一つずつつけるこのカカオは「カカオ・ナショナル」と呼ばれ、多くが森林栽培で農薬を使わずに作られる。他のカカオに比べ収量は少ないが、ずっと香りのよい豆がとれる。サリナスは、エチャンディアや他の地域でこうして作られたカカオだけを、常設の買い取り店で直接買い取り、雲の上の工場へと送るのだ。こうしてカカオの旅は始まる。(終わり)

 

 

 

SWcとスパイス!

スパイスをめぐって、人は海へと漕ぎだし、戦争までしてきた。
それはきっと、スパイスに出会ったとき、それなしのこれまでの人生が、つまらないものにさえ思えたから。
トウガラシ、クミン、クローヴ、ターメリック、黒胡椒....
ハッとするような風味で、身体の芯に響き、美味しい楽しい気分をくれる。
スパイスをちょっとふりかけて、こんどは世界をつなげる旅へ。
(地球上でスパイスがよく育つ国は、コーヒーの育つコーヒーベルトとほぼ同じ地域内に位置する。
育つまでの期間が短く、無農薬で育てやすいスパイスは、フェアトレードにとっても重要な産品。) 

エクアドル・ボリバル州、最高峰チンボラソの山麓、3550メートルの高地に、石畳の小さな村があります。ポンチョを着たひとやほっぺの赤い子供が行き交い、ロバの足音が軽快に響きます。立ち止まれば、道の途中で誰かが編みもおをしていたり、庭にハチドリが飛んでいるのを見つけることができます。

20年以上前までは、周りの他の村々と同じように、過疎の村だったサリナス。 牧草しか育たない土地には、農業も成り立たず、出稼ぎに行く人が後をたちませんでした。しかし20年前に、村の神父が村びとたちに牛を寄付し、そのミルクを集めたチーズ工場が成功したのをきっかけに、周りの村も一緒に発展することを目指し、近隣の村の有機農産物を集めて加工する技術を、次々に身につけていきました。オーガニックカカオを用いた手作りチョコレートの工場も、そのひとつ。

雲をくぐり、山を下った低地の村々で無農薬栽培される、香りの高い種類のカカオだけを購入し加工しています。 カカオの栽培が行われるエチャンディアやパサヘなどの村では、農薬を使用するカカオの栽培や米資本の大規模なプランテーションへと土地の利用法が変わっていくいなかで、森林栽培で地域の生態系を保全しながら換金作物を作ることのできる、このタイプのカカオ栽培が、環境や人々の暮らしを守るための一つの砦となっています。

スイスの技術を移転した工場では、カカオを焼き、練り上げ、パッケージングするまでの行程が、すべて人の手で丁寧に行われています。 種を蒔き、水をやり、苗を植え、実を収穫し、乾燥させ、火にかけ、つぶし、混ぜ、固めて、待ち、そして包む。 カカオの鮮やかな実が、エクアドルの起伏に富んだ地形を旅して、様々な人々に出会い、美味しいチョコレートになりました。

 

*このページの中身はまだまだ充実してゆきます。また見にきてください!

 

 

 

 



| ショッピングについて | 通信販売法に基づく表記 | お問合せ : admin@slowwatercafe.com | トップページへ戻る |
Copyright : 2003 Slow Water Cafe. All rights reserved.