海風と、さすがに赤道直下と感じる熱帯の温度。
タグア(象牙やし)の木が自生します。
落ちた実をひろい、皮を剥き、実を削ります。
削りカスは豚の飼料になります。ここではこうして全てが循環しています。
マングローヴの種は苗木となって海を流れ、どこかの土地に流れ着き、
やがて大きく育ちます。
樹は防波堤にも生物の住処にもなります。
この循環の環の一端を御紹介します。
全ての森にまつわるハチドリZOONYグッズはこちら!
■象牙やしタグア ブレスレット
熱帯雨林に自生するヤシの実の加工品です。
象牙のように使い続けるほどつやつやしていきます。
毎日つけたい腕輪です。
 
白/マーブル/
カフェオレ(完売しました)

サイズ:15〜18cm
■価格 \1,900 (税込)
■象牙やしタグア レインボーブレスレット  再入荷!
象牙やしのブレスレッドを一色づつ、カラフルな9色に染めました。SWcらしい虹色で、海に似合います。
 
 

サイズ:15〜18cm
■価格 \2,100 (税込)

■ About TAGUA

「象牙ではなくヤシの実なんです」
中南米地域に分布する「アメリカゾウゲヤシ」と呼ばれる植物。完熟した種子の中が象牙のように乳白色で硬くなることから「植物象牙(VegetableIvory)」とも呼ばれ、象牙の代用品としてボタンや装飾品などの材料に古くから使われてきた。
1990年代にアメリカ、エクアドルの市民団体と日本国際開発機構などが協力して、タグア・イニシアティブというプロジェクトが発足。エクアドルをはじめとする熱帯雨林地域の住民に雇用と収入をもたらし、豊かな生態系を守る取り組みとして注目されている。
丁寧に使い続けると白い実が象牙のようにつやつやし、少しづつあめ色に変わってゆく。この産業が成り立つことで森をきらずに、象を殺さずに済む。

■象牙やしタグア 手づくりボタン
象牙やしタグアの手作りボタン。
どうせつけるなら、プラスティックではなく、自然素材のボタンを。ゴムを通して髪止め、チェーンに通してアクセサリーにしても素敵!エクアドルでキチュア族の女性が髪の毛や腰に巻くシンタというリボンに縫い付けてあります。

 

■サイズ:直径24mm 厚さ4mm
■価格
 A)9個セット \2,100 (税込)
 B) 同柄3個セット\700 (税込)
Bは、3種類のうち、何番かを御指定ください。
1番2番3番

■象牙やしタグア カタツムリ
スローな仲間のカタツムリ。つやつや感は本物のよう。
窓辺に置くと雨の日も楽しく過ごせます。
黒い子と白い子が居ます。

サイズ:高さ4cm 体長 6cm
 甲羅が黒い子か白い子かを御指定ください。
■価格 \1,300 (税込)
 
 

■象牙やしタグア カメ
スローな仲間のカメ。海の守神です。
左はエクアドルにいるガラパゴスゾウガメ。
右は、優雅に泳ぐウミガメ。

 

■サイズ:高さ4.5cm 体長 6cm
 水陸どちらのカメかを御指定ください。
■価格 \1,300 (税込)
 
■象牙やしタグア 写真たて  
タグアの実に切り込みが入った、シンプルな写真たて。写真が活きます。
象牙のように使い続けるほどつやつやしていきます。自分で切り込みを入れるワークショップも開催可能です。
 
白/マーブル/
皮付き/黒

サイズ:5cm〜3cm程度
■価格 \700 (税込)
 
■象牙やしタグア リング
秋の色味になりました。
 
カラフルなリングの数々。重ね付けも素敵。
色味:黒/カーキ/黄色//オレンジ/黄色/藍
茶色/藤色/グレー など。御指定ください。

■サイズは様々です。9〜13号からご指定下さい。手作りなので一番近いものをお送りするかたちになります。
■価格 \400 (税込)  

■MakeSlowLove 9リングセット
MakeSlowLoveを型押ししたリサイクルペーパーの箱に、タグアの子豚と9本の指輪入り。豚が指輪に穴をあけ、削りカスを食べてタグア産業をゼロエミッションにしてくれているのです。
9人に1色づつあげてもスローラブ? ダイヤモンドより嬉しい贈り物!
 

■サイズ 9号〜13号
サイズはばらばらに入っています。いろんな指につけたり、チョーカーにしたり、また大切な方へおすそ分けなど、使い方を楽しんでください!
■価格 \3,900 (税込)
   
■象牙やしタグア マッサージャー  

タグアの実を4つ使ったつぼ押しマッサージャー。
歩き出しそうな不思議な佇まいは、オブジェとして
お部屋に置いても素敵です。


高さ:10cm前後  

■価格 \1,500 (税込)

 


| ショッピングについて | 通信販売法に基づく表記 | お問合せ : admin@slowwatercafe.com | トップページへ戻る |
Copyright : 2003 Slow Water Cafe. All rights reserved.