Stop the mining in INTAG  起きていることの概要

 

 

●はじめに
 地球の裏側、赤道直下の小国エクアドル。ガラパゴス諸島をはじめとした類稀な生態系で知られているほか、先住民族が育んできた多様な文化がモザイクのようにこの国を彩っています。その豊かさの一方で、人々は経済的貧困にあえぎ、ドル化、グローバリゼーション「北」のための開発に苦しみ続けています。生物種の絶滅・減少を防ぐために最も重要と言われる世界に25あるホットスポットのうち、2つを有するコタカチ郡インタグ地方。地上と同様、金や胴などの豊富な地下資源が眠っています。エクアドル政府はそれらの採掘権を海外に売ることで外資を稼ごうとしています。
 このインタグ地方で「次世代の子どもたちにもきれいな川や山を残したい」と願う人々が、鉱山開発という名の環境破壊から守るために森の中でコーヒーの栽培(森林農法)を始めました。2000年から、その豆は「インタグコーヒー」として日本にフェアトレードで販売されています。

●コーヒーの森の危機
 インタグコーヒーの栽培面積は年々拡大され、収穫量も安定してきました。当初80世帯のコーヒー生産者は350世帯を超え、開発を食い止める力は大きくなっています。しかし、そこに資源がある限り開発の危機はなくなりません。村人たちは、外部の人間や役人が勝手に村に入り何か調査しているのを目撃して、不安を感じています。
 2002年には、国のエネルギー&鉱山省がインタグのフニン地域の採掘権をインターネットで競売にかけました。エクアドルでは土地権と採掘権は別ですが、採掘権が売られてしまえば開発が始まり、山は削られ、河川は汚染され、人々の生活に支障が出ることは必至です。計画ではコミュニティの強制移住も記されていました。インタグの環境保全団体デコイン(DECOIN)が、国を相手にこれは違憲であると裁判を起こしましたが、2003年12月9日に敗訴となりました。
 さらに2003年12月には、デコインにあるニュースが飛び込んできました。鉱山開発をしたい企業が医師を雇い、開発に賛成する人に無料で診察を行い、反対する人は診察しないという偏った医療サービスをはじめたというのです。診察にあたる医師は、開発に関していい面だけを村人たちに話しているという情報もあります。豊かな山と清流に囲まれたフニン村では、診療所で医療を受けるためには徒歩で5時間、馬でも2〜3時間かけなければなりません。フニン村から徒歩で5時間のコラソンという村ではこの医師が入った結果、人々が開発を受け入れ、中規模の金山開発がすでにフル活動で始まってしまいました。この同じ医師はフニン村に最も近いコミュニティ、チャルワヤク・バホにたどり着き、同じように偏った医療サービスを始めようとしています。


 CDES(Centro de Derechos Economicos y Sociales:経済社会権利センター)より


***
 エクアドル:多国籍鉱山開発企業の違法進入によってコタカチ郡侵犯される
 コタカチ郡は、社会、経済発展の国内、および国際的な規範として構成されて
きた。そして環境と市民の生活の質の向上の効率的な保全を行ってきた。この郡
のそのほとんどの人口は、先住民と農民である。
 コタカチ郡ガルシア・モレノ教区(インタグ)ジュリマグア地区のエネルギー
と鉱山開発省は、ロケ=ベルナルド・ブスタマンテ氏にフニンの7000ヘクタール
にもおよぶゴールデン1とゴールデン2という採掘権を2002年8月に18,005ドルで
譲渡した。
 先にあげたこの地方は、約500世帯の零細酪農民が住んでいる。さらに一部は
絶滅の危機にある、動植物の多様性を誇る。
 コタカチ郡知事のアウキ・ティトゥアニャ氏を筆頭とするコタカチ郡自治体
は、憲法の保護請求を行った。前述した採掘権は、一切前もって情報が伝えられ
なかった。もちろん、エクアドルの憲法そして環境条例に定義してあるように、
コタカチの市民、インタグの住民に相談するなどということもなかった。それ
は、コタカチ郡自治体に、鉱山の採掘権の情報を提供しないということは、エネ
ルギーと鉱山開発省そのものの法律を破っていることになるわけである。
 採掘権譲渡の無効性と不公正さを訴えた裁判に、エネルギーと鉱山開発省は敗
れた。そのためエネルギーと鉱山開発省と採掘権を購入した人物は、エネルギー
と鉱山開発省と購入者に対して最高裁に上訴した。それは結局、エネルギーと鉱
山開発省に理があるとして陪審員5対4でコタカチ郡は敗訴した。しかしコタカチ
郡は、この結果に不服として(最高裁に)、この結論の詳細内容の明確化を求め
たが、今現在に至るまでそれはなされていない。そのため、採掘権の無効性は、
未だ有効である。
 それにもかかわらず、同様に、この採掘権所有者は、多国籍鉱山開発会社であ
るアセンダント・エクスプロレーションに、エネルギーと鉱山開発省の認可のも
とに、その権利を譲渡してしまった。
 この数時間の間に、エクアドルの軍隊のある将軍、セサル・ヴィジャシスはこ
の鉱山開発会社のコミュニティーの反対運動を抑える役割を担っており、自分へ
の暗殺計画の疑いがあると、地域発展評議会のリーダー、ポリビオ・ペレス氏
を、さらにコタカチ郡知事が彼を雇ったと訴えた。
 コタカチ郡知事と地域発展評議会のリーダーはこの人物を訴える準備をしている。
 地域発展評議会リーダーのペレス氏は言う。「世界で鉱山開発が公共のために
なった例はひとつもない。それどころかそれは犯罪であり、社会問題であり、人
々の健康や環境を破壊するもの以外、なにものでもない。鉱山開発会社が入って
きたせいで、以前はなかったガルシア・モレノ教区におけるコミュニティーの分
断がおこった。ゆえに、開発側に言いたい。どうか立ち去ってくれと。」
 最後に、インタグにおける鉱山開発の影響を受けているコミュニティーの支援
を行っている人権保全団体、経済社会権利センター(CDES)は、もし住民の意思
を尊重せず、コタカチ郡に採掘権を返却しなければ、エクアドル政府と多国籍鉱
山開発会社に対して、国際裁判所への起訴を開始することを表明する。
CDES(経済社会権利センター)

 



| ショッピングについて | 通信販売法に基づく表記 | お問合せ : admin@slowwatercafe.com | トップページへ戻る |
Copyright : 2003 Slow Water Cafe. All rights reserved.